出産後は骨盤のケアが欠かせません

産後に生じる肩こりや腰痛、腱鞘炎、尿漏れ、膝の痛みなどに悩まされていませんか?

もちろん育児による疲れも影響しているかもしれません。

これらの不調は骨盤のゆがみが原因と考えられています。


産後はホルモンの影響で骨盤がゆがんだ状態になりやすいです。

子育てで忙しい時期ですが、自身のケアもとても大切です。



産後の骨盤の状態について

腰痛や肩こりなど産後に起こるさまざまな不調は骨盤のゆがみが原因とかんがえられています。


  • 〇産後に骨盤がゆがみやすい理由

     妊娠中は骨盤まわりの靭帯をゆるめ、出産に備えて骨盤を広げるホルモンが分泌されます。

     そして産後は靭帯が元に戻ろうとするオキシトシンというホルモンが分泌されます。

     しかし産後しばらくは靭帯がゆるんでいるため、骨盤に負担をかけているとゆがんだ形で固まる場合があります。


    〇産後に起こりやすい不調

     ・肩こり・腰痛・膝の痛み

      骨盤がゆがむため、姿勢が崩れて上半身の筋肉に負担がかかりやすくなります。

      筋肉の緊張が強まり、血液の巡りが悪くなると、肩こりや腰痛などの症状を引き起こす場合があります。

      また骨盤は、股関節を介して下肢のバランスにも関与するため膝の痛みにつながる可能性もあります。


     ・自律神経の乱れ

      ストレスの影響で自律神経のバランスが崩れ、不眠や疲労感、イライラといった不調を招きやすくなっています。

    F_0174
  • 産後骨盤矯正の効果や改善が期待できる症状

    〇効果

     ・姿勢の改善

      骨盤が正しい位置で安定すると、背骨も本来のS字カーブに近づいていき、「猫背」や「反り腰」の改善が期待できます。


     ・可動域の改善

      骨盤が本来の位置に戻るため上半身、下半身ともに筋肉の緊張がゆるみやすくなり、筋肉の柔軟性が向上することで関節可動域の改善が期待できます。



    〇対応症状

     ・産後の腰痛、肩こり

      背中を伸ばした正しい姿勢をとれるようになるため、肩や腰まわりの筋肉の緊張が緩和し筋肉への血行か回復し、老廃物の排出も促されて産後の肩こり腰痛が改善しやすくなります。


     ・腱鞘炎

      肩まわりの緊張がほぐれると、連動して肘や手首の動きも良くなり関節への負担が緩和

      骨盤内にある子宮が本来の位置に戻り女性ホルモンのバランスも整ってくるため、腱鞘炎の改善が期待できます。

    F_0306
お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの場合は電話窓口まで、

お気軽にお問い合わせください。

営業時間 9:00~12:00/14:00~19:00
水:9:00~13:00

Access


かごはらひろ整骨院

住所

〒360-0847

埼玉県熊谷市籠原南3-208

小林ビル1F

Google MAPで確認する
電話番号

048-598-5450

048-598-5450

営業時間

9:00~12:00/14:00~19:00

水:9:00~13:00

定休日 日,祝

ケガをした時や痛みがある時に思い出していただける場所を目指し、地域密着で一人ひとりのお悩みに合わせた施術をご提案しております。JR高崎線籠原駅が最寄り駅となり、お車で来院される方は専用駐車場もしくは共用駐車場をご利用いただけます。

キッズスペース

特徴

当院ではお子様と一緒に来ていただいても大丈夫なようにサークルを用意しております。


おもちゃなどは衛生上のことを考えて用意しておりませんので、ご自宅から持ってきていただけると幸いです。


ベビーカーの乗り入れも大丈夫です。


他の患者様と予約の時間帯が被る心配もないのでご安心ください。

お問い合わせ

Contact

ご入力の上、次へボタンをクリックしてください。