ぎっくり腰でお悩みの方へ

予兆もなく、突然腰に激痛が走る「ぎっくり腰」しばらく身体をうごかsでなくなるため、受傷後のケアはもちろんのこと、ぎっくり腰を起こさないように予防もしておきたいものです。


ぎくり腰になる仕組みはよくわかっていません。

しかし生活習慣の積み重ねがおもに考えられているため、セルフケアで対策していくことは十分に可能です。



ぎっくり腰の症状と原因

〈仕組みとおもな症状について〉

○ぎっくり腰の仕組み

 何らかの原因で脊柱周りの筋肉や靭帯といった組織を損傷し、炎症が起きた状態だと考えられています。

 しかし、医療機関の画像検査では異常が認められないためはっきりとしたメカニズムはわかっていません。

 重たいものを持ち上げた際やスポーツで腰をひねった際など、急な負荷がかかるタイミングで発生します。

 また強い負荷がかかったときに限らず「くしゃみや咳」をした際など、ふとした衝撃でぎっくり腰になる場合も多いです。

 


○ぎっくり腰の症状

 ・激しい腰の痛み

 激しい腰の痛みがぎっくり腰のおもな症状です。

 ウエストラインを中心に、背中やお尻の辺りまで痛みが広がる方もいらっしゃいます。


 ・熱感

 炎症によって患部に熱を持つ場合があります。

 炎症が強く出ている方では、安静にしていてもズキズキと痛む場合もあります。


 ・動作制限

 強い痛みで前屈や後屈、回旋など腰部の動きが制限されてしまいます。

○筋肉の疲労

「筋肉疲労」がぎっくり腰のおもな原因だといわれています。

疲れがたまると、筋肉や関節の柔軟性が低下していきます。

そして急な負荷がかかった際に硬くなった組織が引き伸ばされて損傷し、炎症につながってしまうのです。


日常生活において筋肉に疲労が溜まるのは、このような要因が挙げられます。


〈長時間の不良姿勢〉

 背骨は横から見るとS字のカーブを描いており、軽く湾曲することで上半身にかかる負担を分散しています。

 しかし腰が強く反った「反り腰」や、背中が丸くなった「猫背」の方は背中のS字カーブが崩れているため腰部周辺の筋肉に

 ストレスをかけやすくなっています。

 特にスマホの操作やデスクワークなど、前のめりの姿勢が長時間続くほど筋肉がこわばっていきます。


〈運動不足〉

 運動不足の方は筋肉を動かす機会が少なくなっています。

 そのことで、血行が悪くなり腰部周辺に疲労物質が蓄積しやすくなります。


〈身体の使いすぎ〉

 スポーツや肉体労働で身体を酷使されている方は疲労の回復が追いつかずにぎっくり腰のリスクを高めてしまいます。


〈自律神経の乱れ〉

 日常のストレスで交感神経が優位になっていると、全身の筋肉が硬直しやすくなります。

 精神的なストレスをはじめ気候の急な変化もストレスになるため「季節の変わり目」でのぎっくり腰の発症が多くなています。

お気軽にお問い合わせください。

お急ぎの場合は電話窓口まで、

お気軽にお問い合わせください。

営業時間 9:00~12:00/14:00~19:00
水:9:00~13:00

Access


かごはらひろ整骨院

住所

〒360-0847

埼玉県熊谷市籠原南3-208

小林ビル1F

Google MAPで確認する
電話番号

048-598-5450

048-598-5450

営業時間

9:00~12:00/14:00~19:00

水:9:00~13:00

定休日 日,祝

ケガをした時や痛みがある時に思い出していただける場所を目指し、地域密着で一人ひとりのお悩みに合わせた施術をご提案しております。JR高崎線籠原駅が最寄り駅となり、お車で来院される方は専用駐車場もしくは共用駐車場をご利用いただけます。

ぎっくり腰の患者様に対して、当院では次のような施術を行います。

ぎっくり腰のおもな施術方

○カウンセリング

 施術の前に、カウンセリングで身体の状態を確認します。

 痛みが出る動作や姿勢などをチェックし、症状に原因を探していきます。


○手技

 痛みがある部位は直接触れず、腸腰筋と下肢の筋肉へのアプローチをおもに行います。

 上記の施術によって、腹圧が出るようになりますので、楽に立てるようになります。

 また、症状の変化にあわせて全身の筋肉も触っていきます。


○骨盤矯正

 うつ伏せができるのであれば、骨盤の矯正を行なっていきます。

 土台となる骨盤が本来の位置に戻るため、腰部の緊張も緩和しやすくなります。


 



お問い合わせ

Contact

ご入力の上、次へボタンをクリックしてください。